<< <国会改革法案>年度内成立を断念 与党3党(毎日新聞) | main | 普天間移設、2案提示へ…米側過去に却下(読売新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


梅香る南朝の夢の跡 賀名生梅林(産経新聞)

 【麗し大和】(11)

 “花の雲”とはこんな眺めをいうのだろう。芳(かんば)しい香りが漂う賀名生(あのう)梅林は、知る人ぞ知る梅の隠れ名所。かつて南北朝時代、南朝の行宮(あんぐう、天皇の仮宮)が置かれた歴史の舞台でもあった。

 匂(にお)いくる風をしるべに尋ねばや梅咲くやどの花のあるじを(前中納言実為)

 南朝方の歌を集めた「新葉和歌集」にはこんな歌も残っていて、当時も梅の咲く地。現在のような広大な梅林になったのは、梅の実の栽培が始まった明治以降という。

 変わった地名が気になった。もちろん、由緒がある。諸説あるが、もともと「穴生(あなふ)」と呼ばれていたのを南朝2代の後村上天皇が願いを込めて「加名生(かなう)」とし、さらに一時、南北朝が統一された際に「賀名生」と改めたと伝えられる。梅林のふもとには天皇の宮となった「堀家住宅(賀名生皇居跡)」(重要文化財)が今もあり、隣の歴史民俗資料館とともに観光スポットになっている。

 ぼんやり山を見ていると、白梅、紅梅咲き乱れる中でひときわかれんな淡紅色(うすべにいろ)が目を引いた。この地方独特の品種「林州(りんしゅう)」で、八重咲きの姿は華やか、気品ある香りは南朝の昔を彷彿(ほうふつ)させる。一時は全体の2割程度に減ったが、地元で増やす努力が続けられているそうだ。

 山を埋め尽くした一面の梅の花は、南朝の夢の跡を荘厳(しょうごん)するかのように美しい。(文 山上直子、撮影 飯田英男)

【関連記事】
女人禁制と「青衣の女人」 
聖なる舞台「お水取り」 東大寺
雪の室生寺と土門拳 執念で撮った雪景色
知る人ぞ知るウマさ スッキリ飲める「濁酒」
馥郁たる神の酒 大倉本家の酒造り
20年後、日本はありますか?

小林議員「進退は自ら判断」=首相(時事通信)
点眼方法、不適切が9割超(医療介護CBニュース)
幻冬舎元局長、懲役4年判決 横領事件、東京地裁(産経新聞)
<平野官房長官>前年度使用分の機密費情報開示に前向き(毎日新聞)
王将戦、羽生が2勝目(産経新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • 12:33
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
リンク
無料ホームページ
パチンコ攻略
ショッピング枠現金化
債務整理無料相談
携帯ホームページ
クレジットカード現金化
探偵事務所
債務整理・自己破産
selected entries
archives
recent comment
  • 荒井氏「問題なかった」 事務所実態については答えず(産経新聞)
    リンデル (01/14)
  • 荒井氏「問題なかった」 事務所実態については答えず(産経新聞)
    カドルト (01/09)
  • 荒井氏「問題なかった」 事務所実態については答えず(産経新聞)
    道隆 (01/05)
  • 荒井氏「問題なかった」 事務所実態については答えず(産経新聞)
    サキューン (12/31)
  • 荒井氏「問題なかった」 事務所実態については答えず(産経新聞)
    ナーマソフト (12/26)
  • 荒井氏「問題なかった」 事務所実態については答えず(産経新聞)
    晶太郎 (12/22)
  • 荒井氏「問題なかった」 事務所実態については答えず(産経新聞)
    きんちゃん (12/17)
  • 荒井氏「問題なかった」 事務所実態については答えず(産経新聞)
    パイン (12/12)
  • 荒井氏「問題なかった」 事務所実態については答えず(産経新聞)
    ヘッド (12/09)
  • 荒井氏「問題なかった」 事務所実態については答えず(産経新聞)
    ちんたまん (12/04)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM